News

国際的な安全・衛生基準を証明する「SAFEGUARD」の取得について

お知らせ

img-safeguard.jpg

この度、「NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO」は、新型コロナウイルス感染症拡大後のニューノーマル(新常態)時代に向けた安全・衛生対策が評価され、世界最大級の試験・検査・認証機関ビューローベリタスが定めた国際的基準を満たす施設に全世界共通で発行される"SAFEGUARD(セーフガード)ラベル"を2020年9月9日に取得いたしました。(野村不動産グループの3ホテル「NOHGA HOTEL UENO TOKYO」「庭のホテル 東京」「東京グリーンホテル後楽園」は、2020年7月に取得済み)本ラベルは、国内外のお客様を広くお迎えするホテルとしてお客様により安心してご利用いただくために各業界団体策定のガイドライン等の国内基準のみならず、国際的な基準への準拠が必要と考え、取得することと致しました。
これからも私共のホテルをご利用いただくお客様に、より大きな安心をお届けしてまいりたいと存じます。
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。


「SAFEGUARD」ラベルについて
世界最大級の試験・検査・認証機関であるビューローベリタスが2020年4月に新設した検証サービス(RESTART YOUR BUSINESS WITH BV)で、感染予防策、安全・衛生基準に対し、その運用を書類審査や現場検査等を経て発行します。上記基準は、WHO(世界保健機関)、ILO(国際労働機関)などのガイドライン等を基にビューローベリタスが策定したものです。
本ラベルは、オフィス、ホテル、商業店舗等の用途毎の基準を満たす63 か国1,169 施設、この内ホテルを含むホスピタリティ部門では51 ヵ国759 施設に発行されています(2020年7月30日時点)。この中には世界の高級ブランドショップやラグジュアリーホテルなども含まれます。
詳細はこちらご覧ください。

Back to Top
トップページへ戻る